通信制高校の学校生活ってどんな感じなの?

自宅で学べる高校です

通信制高校は誰でもどこに住んでいても自宅で学べる高校です。基本的には選抜試験はなく、申し込み順に入学でき、費用も公立高校並みかそれよりも安く経済的です。入学を許可されるとテキスト等が自宅に送られて来るので、自宅でそれを勉強して、規定の提出物を提出し必要な単位を取ります。通信制高校といっても全く一人で勉強するわけではなく、テレビやラジオの講座を使って授業を受けることができる高校もあります。またほとんどの通信制高校では年に何回かのスクーリングがあって、実際に先生の授業を受けられるようになっているので、他の生徒たちとの交流もできます。三年以上在籍し必要な単位を取ることができれば卒業できます。三年で全単位を取れなかった場合でも期間を延長して卒業することが可能です。

全日制と同じ高校卒業資格が取れます

通信制高校に三年以上在籍し必要な単位を取ることができれば、全日制高校と同じ卒業資格を取ることができます。就職や大学進学にもいかすことができます。普通高校を中途退学したり、中学校卒業後に就職したが、やはり勉強したくなった、あるいはぜひ高校卒業資格を取る必要ができたといった場合にも通信制高校に入りなおして、勉強すれば高校卒業資格を取ることができます。また健康面に不安があって遠くの高校に毎日通うことが難しい場合にも自宅学習で十分な学力をつけることがで来ます。ただ自宅学習が中心であるため学習が予定通りにはかどらない、一緒に勉強する友達がいないといった問題がないとは言えないので、スクーリングで先生や友達とつながりをもって勉強を続けることが必要です。